看板の種類について

色々な呼び方はありますが、看板の種類はこの様になります。

看板の役割としてはおおざっぱに分けて目印を示すポール看板、屋号を示すファサード看板、商品を示すのぼり・ポスター・スタンド看板等になります。

 

種類 効果 ポイント
ポール看板 目印 遠目がきく。一瞬で判断できる事。主に車から見せる。
ファザード看板 存在を示す その店で間違いないか屋号を示している事。
のぼり・POP 商品を示す お店で取り扱っている商品や価格等の情報が分かる事。

 

色や素材やデザインはすべて2次的な物であり、看板に期待する効果を十分に示しているかが重要です。
ポール看板に商品や価格まで書いていくと本来期待される効果である「一瞬で判断できる事」がおろそかになります。
また屋号は書いてあっても何を取り扱っているお店か分からなければ人は安心してお店に入れません。

具体的な商品・サービスを示す様な屋号であれば非常に分かりやすくなるとも言えます。

 

当社で取り扱っている看板