看板に必要な文字サイズは?

こんにちは。看板のエポック代表の村越です。

今回のテーマは看板に必要な文字の大きさについてです。看板を出すからにはもちろん相手に読める大きさでなければ意味がありません。
では実際どの位の文字サイズが妥当なのか検証して見たいと思います。

通常、目の前で見る書類だったら2cm位でも十分に大きいと感じるでしょう。基準としてそれを1m離れて2cmの文字とします。
それと同じ感覚で考えれば、10倍の距離なら10倍の大きさが必要と考えられます。10mの距離なら20cmです。更に10倍離れた100mなら200cmです。

分かり易く単位を合わせ以下にまとめてみます。

距離 文字サイズ
1m 2cm (0.02m)
10m 20cm (0.2m)
25m 50cm (0.5m)
50m   100cm (1m)
100m 200cm (2m)

目の前の2cmと同じ感覚の大きさで見せたいなら、100m先から見せるためには2メートルもの大きな文字が必要なのですね。

これはもちろん目安です。
目の前で見る書類でも2cmでは小さい、10cm無いと大きく感じないと言う人なら、単純に想定距離にかければ欲しい文字サイズは割り出せます。

一般的に言って、100m先から見えなければならない状況とはかなり限定的です。幹線道路沿いであり、かなりの直線道路であり、視線を遮る遮蔽物が無いと言う状況以外では、100m先からは看板は見えないのです。私の私見ですが、ある程度大きな道路でも1mの文字ならかなり遠目が効くのではないでしょうか?
通常の一般道でも、一文字50cmもあればかなり大きく見えると思います。誰にどれだけのインパクトで見せたいかによっても看板サイズは変わってきます。参考にして下さいね。